読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

昨今のTV放送の萎縮さ

社会問題

インターネットTVが主流になりつつある。その一因が、TV放送の萎縮さだと思う。インターネットTVだとオッケーなのに地上波だと駄目だという番組もある。

TV放送が萎縮した要因のひとつに、政府からの圧力が上げられるだろう。日本には報道の自由があるにもかかわらず、国際NGO国境なき記者団」が発表している「報道の自由度ランキング」で、2016年、日本は72位だ。この結果を重く受け止めるべきだ。日本国民として恥ずかしい。多くのメディアは、広告収入で放送している。その広告主が支援しているのが政府だ。つまり、広告主と政府がつながっている以上、報道の自由は担保されない。広告主と政府がつながっているという明確な証拠はないが、ほとんどの広告主は、経済団体に加盟している。経済団体が政府を支援しているのは報道されているとおりだ。

もちろん、報道の自由があるからといって、他人の権利を侵害してはならない。自主規制することもやむを得ないだろう。ただ、過剰に反応しすぎだ。少し批判されたら自主規制。それが今の地上波だ。どんないい番組でも、アンチはいるだろう。インターネットTVは、アンチをある程度無視している。反応したら、火に油を注ぐとわかっている。権力も、インターネットTVまでは及ばない。地上波だと、影響力が選挙に直結する。だから政府は選挙の時、アベノミクスを公平に報道するよう通達を出した。アベノミクスの是非はともかくとして、政府の報道への介入と捉えられても仕方ない。

報道の自由は是々非々でも守らなくてはならない。権力に屈してはならない。アンチに翻弄される必要もない。TV放送は萎縮している。面白い番組は、アンチによって面白くなくなり、報道番組は、政府によって公平という名の圧力をかけられ、自主規制してしまっているのだ。批判するのも自由だ。言論の自由が保障されている。しかし、自由を行使するのに、他人の自由を侵害してはならない。お互いが自由だと主張すれば、軋轢が生まれる。強いのは、権力を持っているほうだ。報道の自由が大切なのは、国が誤った方向にいかないよう監視するためだ。それを忘れてはならない。

 

ロンドンテロ事件

国際 時事

またもヨーロッパでテロが起きてしまった。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りしたい。

今回のロンドンテロ事件では、これまでに四人の尊い命が、理不尽な手段によって奪われた。さらに28人の方が怪我をした。容疑者は52才の男性である。報道によると、容疑者はイスラム過激思想の持ち主らしい。どんな大義名分があろうと罪のない一般市民を傷つけることは許されない。イスラム教の方々が虐げられている現状は同情する。ただ、暴力で訴えるのは間違っている。暴力は暴力を生む負の連鎖だ。

僕の戯言かもしれない。きれいごとかもしれない。だが、きれいごとがなければ秩序は崩壊する。皆知っているのだ。きれいごとが僕らを支えてることを。宗教の障壁を越え、仲良くしよう、と誰かが言ったとしよう。まず反発する人は少ないだろう。ただ、実際賛同しても行動する人は稀だ。今回のロンドンテロ事件については、テロに屈しないというメッセージは出せた。それはいいことだ。間違っても、応酬してはならない。応酬することはテロリストの思うツボである。

テロが起きるたびに、イスラム教徒を排除しようという機運が高まってしまう悪循環。イスラム過激派が諸悪の根源である。圧倒的多数のイスラム教徒は健全だ。テロは、人々を混乱に陥れ、対立させることも目的のひとつだと思う。ヨーロッパだけでなく、世界中の国々がこの問題について考察し対処すべきだ。今回のロンドンテロ事件で亡くなった方々の無念を無駄にしてはならない。そして、あまり報道されないが、テロは世界中で起きている。イスラム教徒が被害者の場合もあるのだ。だからこそ、結束してテロに立ち向かっていくべきである。

地下アイドルとファンとの距離感

今や地下アイドルは全国に存在する。アイドルファンからしたら嬉しい反面、危惧する問題もある。それが距離感だ。

身近になった分、アイドルとファンとの距離感も近くなる。僕のようなファンとしての節度を守るファンなら安心だ。しかし、変に勘違いしてしまうファンもいるだろう。それが仇となって事件に発展してしまうことも珍しくない。とくに地下アイドルはより身近である。身近であることは悪いことではない。ただ、逆恨みされるおそれがある。事務所が守ってくれるが、四六時中監視するわけにはいかない。そこが事務所の喫緊の課題だろう。

十年前と比較すると、アイドルオタクへの偏見も減ってきた。その証拠に、地下アイドルは急激に増えた。日本全国にアイドルとして活動している人は、相当数いると言われている。アイドルとして活動するハードルが低くなりつつあるのだろう。もちろん、すべてのアイドルがデビューできるほど甘くはない。挫折するアイドルも少なくない。生き残った先鋭たちからさらにふるいにかけられる。そこで耐えた者が、真のアイドルだ。

アイドルとしての地位を守るために、ファンとの距離感を近くする考え方は理解できる。アイドルもファンも、お互い承認欲求を満たすことができるだろう。だが、世の中いい人ばかりではないのが実情だ。ごく普通な方がストーカーになってしまう世の中である。今の距離感を維持するのはいいと思う。その上で、危機管理を徹底してほしい。今の地下アイドルは、純粋な子が多い。故に、ファンとの距離感を掴めてない子が多い。アイドルファンとして、アイドルが安心して活動できる環境作りを切実に願っている。

侍ジャパンの健闘を称えたい

スポーツ

野球の世界一を決めるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、日本の侍ジャパンは惜しくも敗退した。ただ、試合内容は賞賛に値する。

結果論で言ったら、負けは負けである。プロとしては勝ちにこだわる必要があるだろう。だが、アメリカに負けず劣らず闘ったのは素晴らしいと思う。アメリカは野球発祥の地だ。当然、メジャーを代表する豪華なメンバーを揃えてきた。そことほぼ互角に渡り合えたのだ。もちろん、今回の敗戦を今後の侍ジャパンに生かす必要がある。悔しさをバネに、今後の侍ジャパンの活躍を期待したい。

どんなスポーツでも、プロである以上は結果が求められる。趣味でやっているなら結果はそれほど求められない。それで生計を立てているなら、それに見合った活躍が求められるのは当然だ。負けたら、マスコミから容赦ない批判を浴びせられ、勝ったら、これでもかと賞賛される。ファンも負けたら怒るが、それは裏を返せば愛情である。勝ったらその分、喜びも一塩だ。

落胆していても時間の無駄だ。ファンとして、今回の侍ジャパンの健闘を称えたい。久しぶりに、スポーツをTV観戦して興奮した。とくに日本対オランダの試合は観てるこっちも疲れた。次回は四年後だ。世界一奪還へ。日本の野球の威信をかけて頑張ってもらいたい。野球が好きなファンだけでなく、野球に興味がない人の心を掴む活躍を期待している。お疲れ様、我らの誇り侍ジャパン

芸人はオワコンではない

芸能

【日本の芸人オワコン】ツイートが波紋を呼んだ。このツイートしたのは、脳科学者の茂木健一郎氏である。

何を根拠にそのようなツイートをしたにせよ、社会的に影響力がある方がそのようなツイートをすべきではない。主義主張を持っていることは素晴らしいことだ。ただ、他人を巻き込むべきではない。しばらく茂木健一郎氏はTVに出演していなかった。だから、嫉妬もあるのかもしれない。賢い方だから、策略のひとつの可能性もある。本人は突発的に思いつきでツイートしてしまったとしている。はたしてそうなのか。

芸人はオワコンではないと僕は思う。むしろ芸人がTV業界を支えてると言っても過言じゃない。それほど芸人の功績は大きい。身を粉にして、お茶の間に笑いを届けてくれる。確かに、芸人のネタ番組はどんどん消滅していった。全盛期と比較すれば劣るだろう。だが、バラエティーの需要がなくなったわけではない。ネットの普及により、TVの需要が減っただけだ。それでも、高視聴率を叩き出すバラエティー番組は存在する。

ひとりの著名人に翻弄されるのも、ネット社会が元凶だ。軽はずみなツイートは慎むべきである。今回の騒動は、芸人とそのファンの方を侮辱する行為だ。茂木健一郎氏は、反省しているらしい。しかし、芸人の方々は怒り心頭である。仮に茂木健一郎氏に悪意がなかったにせよ、侮辱と捉えられても仕方ない。誤解を招くようなツイートは慎むべきだ。今の時代、一度ツイートすると一気に拡散してしまう。とくに著名人となると余計拡散する。主義主張は慎重に。あらためて、芸人はオワコンではないと僕は思う。

記憶にないと言う政治家のズル賢さ

政治

不祥事で追及されたときに政治家がよく使う言葉。【記憶にない】。伝家の宝刀である。というよりも、常套句といったところだろう。

記憶にないと言うことで、相手側もそれ以上追及しづらい。仮に真実が明るみになっても、記憶にないと言ったが、真実ではないとは言ってないと、屁理屈を言う。それが、記憶にないと言う政治家のズル賢さである。確かに、嘘はついてない。本当に記憶にないのかもしれない。だが、自分たちの責任をかわすための姑息な手段なら、看過できない発言だ。政治家が素直に非を認めても、世間はバッシングする。

そもそも論だが、記憶にないと言う政治家は、政治家としての資質を疑わざるを得ない。国民の代表という自覚が欠如している。もちろん、圧倒的多数の政治家は国民のために尽力している。ほんの一部の政治家のせいで、律儀に職務を全うしている政治家までも、世間からバッシングされているのだ。中には政治家を信用していない国民もいる。そうしたのは、政治の責任だ。

僕はあくまで有権者のひとりである。記憶にないと言うズル賢い政治家を選択した、僕たち有権者にも責任はあるかもしれない。無論、選挙のときだけいい顔をする政治家もいるから見極めるのは容易ではない。ある程度しかわからないのが実情だ。ズル賢い政治家は国民に選ばれたということも、記憶にないのだろうか。国民を騙して平気なのだろうか。信用を得るには尋常じゃないほど時間がかかる。国民をこれ以上落胆させないでほしい。

整形してもいいと思う

教養

整形に対しての風当たりは強い。よしとしない風潮があるが、個人の自由である。そこまで干渉する必要があるのだろうか。

僕は整形には興味がない。ただ、他人が整形しても、不快には思わない。一重を二重にするなどのプチ整形は、だいぶ日本の世論も寛容になった。ネット上では、芸能人の整形疑惑がたくさんある。SNSが炎上する芸能人も見受けられる。確かに、怪しい芸能人もいるが、晒し者にする必要はない。本人が覚悟を決めた決断だからだ。もちろん、無理やり整形させられたというなら話は別だ。まぁ、このご時世、そんなことはないと思うが。

光があれば闇があるように、整形にもデメリットはある。金銭面ももちろんだが、どんどんエスカレートしていく。本来の顔がわからない方もたくさんいる。お隣韓国は整形大国といわれ、安く治療が可能な分、ヤブ医者の問題も噴出しているのだ。これらのデメリットを踏まえて、整形を選択するのなら、批判する必要はない。後悔することもあるかもしれない。ただ、本人の選択である。それに整形して自信がつく場合もある。

色んな意見があるだろう。僕の意見は、整形に賛成であること。たとえ知り合いが整形していても、騙されたとは思わない。整形した方は後ろめたい気持ちもあるかもしれないが、正直に暴露してくれたほうが、僕は嬉しい。中には卑下する人もいるだろう。しかし、整形は悪いことではないはずだ。落胆する必要はない。堂々と生きていいと思う。無理して暴露する必要もないし、息が詰まるなら、暴露すればいい。あくまで自分のタイミングで。