読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

言論の自由と名誉毀損

教養

日本国憲法第21条で言論の自由が保障されている。一方で、日本の刑法230条に規定される犯罪に、名誉毀損罪がある。この二つの兼ね合いはむずかしい。

公共の福祉に反しない限り、言論の自由は保障されると規定されている。では、公共の福祉の定義とは何なのか。一般的に、犯罪に該当する行為を指すが、名誉毀損罪の場合はどうだろうか。例えば、個人の政治家を非難したとしよう。これは名誉毀損罪に該当するのだろうか。それとも言論の自由の範囲内なのだろうか。そのボーダーラインは不透明である。もちろん、あからさまな誹謗中傷は論外だ。他人を傷つけるのは、言論の自由ではない。

僕も、はてなブログを利用している以上、名誉毀損罪に該当しないように細心の注意を払っている。一般人だから、それほど気にする必要はないが、せっかく読んでいただいたのに、不快にさせてしまったら申し訳ない。面白いかつまらないかは別にして、言論の自由を盾にはしたくない。露骨に名誉毀損をしたら、罪に問われるかはわからないが、利用規約違反に該当する可能性はある。ただ、それも運営のさじ加減だろう。ルールというより、マナーとして名誉毀損はすべきではない。

名誉毀損罪は、3年以下の懲役若しくは禁固または50万円以下の罰金という、決して微罪ではない。感情のままに書いてしまい、罪に問われるのは御免である。一度クールダウンしてから、推敲するよう僕は心がけている。自分の鬱憤の捌け口を、他人に向けるのは適当ではない。その上で、言論の自由の範囲内で意見を述べるのだ。名誉毀損になるからといって、必要以上に萎縮するのもよくないだろう。僕の信条として、いかなる言論弾圧も許さないという立場を明確にしたい。

タバコの是非

健康

タバコは百害あって一利なしという言葉があるように、身体には害である。ただ、法律上は二十歳以上の喫煙を認めている。

僕はタバコを吸わない。だからといってタバコを吸う人を否定するつもりはない。二十歳以上でマナーを遵守しているなら、あとは自己責任だ。癌などの病気になるリスクを背負う覚悟があるなら、他人がとやかく口を挟むべきではないだろう。もちろん、心配して声をかけるかもしれない。タバコは身体に悪いからやめたほうがいいよ、と。それはお節介ではなく、思いやりである。そこは喫煙者の方も理解してあげてほしい。

ところで、未成年者喫煙禁止法は形骸化している。この法律がどこまで浸透しているか不透明である。実際問題、隠れて喫煙している未成年者もいるだろう。親の責任というが、四六時中監視下に置くことは不可能だ。未成年者にも自由はある。そもそもこの法律は、未成年者の健康を守るためにある。授業だけでは、すべての未成年者をタバコの有害から守ることはできない。理屈で説明しても駄目で、行動で示す必要があると思う。

タバコは経済にも悪影響を及ぼすといわれている。病気などにかかりやすいため、寿命が短くなるからだ。最近だと、分煙化が進んでいる。分煙化されていないほうが珍しい。それほどタバコへの風当たりが強くなったとも言える。喫煙者にとっては肩身が狭いだろう。ただ、それもこれも、タバコを吸わない人たちを有害から守るためである。国際的にも喫煙に対する警鐘を鳴らしている。あとは、喫煙者自身が考えることだ。

韓国次期大統領候補に反日・親北

国際

韓国の政治が揺れている。朴槿恵前大統領が逮捕された。さらに、次期大統領に反日親北の人物が有力視されている。

韓国の政治家はほぼ反日といっていいだろう。左派で反日でも構わないが、日本を侮辱する言動は看過できない。韓国は、日本へのヘイトスピーチを繰り返している。反日感情を抱くのは仕方ない。ただ、そういった感情を露にするのは適当ではない。日本を非難することで、韓国政府への非難をかわすという姑息な真似をする。僕は日本人として、反日家とは相容れない。別に僕は右派ではないが、日本が好きで、愛してる。

さらに、次期大統領が有力視されている人物は、親北でもあった。今の北朝鮮は傍若無人である。国際安保理決議にも違反している。そんな国と親しくなるのは危険だ。否定はしているが、北朝鮮は今でも暗殺活動をしている。何より、韓国と北朝鮮が接近することによって、東アジアの秩序が脅かされるだろう。もちろん、北朝鮮を支援するのは賢明だ。栄養失調で苦しんでいる人たちがいるからだ。人道支援は必要だと思う。

米国はトランプ大統領が就任したから、より一層強固になるだろう。懸念すべきは、挑発行為がエスカレートして武力衝突に発展してしまうことだ。その根拠は歴史が証明している。お互いに冷静にならなければならない。偶発的に起こる可能性が否定できない。だからこそ、日米韓が緊密に連携して対応しなければならない。左派で反日だからとかは関係ないのだ。韓国だけが足並みを乱す行為は、厳に慎まなければならない。

 

日韓関係は慎重に

国際

岸田外務大臣は、一時帰国させている長嶺駐韓大使と森本釜山総領事を帰任させた。これで少しは緊張状態は緩和させるだろう。

今回の政府の決定を歓迎したい。安全保障上、韓国とは戦略的互恵関係を維持しなければならない。北朝鮮の脅威もある。それから、韓国では大統領選挙が予定されている。反日の方がトップになるという噂も流れているのだ。日韓関係を今のうちに再構築しようという思惑だろう。とどのつまり、我慢比べは韓国に軍配が上がった。無論、いまはそんな悠長なことは言ってられない。

一方で、危惧する面もある。それは、少女像を撤去してくれるのかどうかだ。過去の例からいくと有耶無耶に終わってしまう。なんやかんや言い訳を駆使して、日本を翻弄させる。そもそも、韓国の政権が変わるごとに歴史認識を蒸し返されては、日本はたまったもんじゃない。今回の少女像はあくまで民間団体が設置したと韓国は主張しているが、韓国政府の支援がなければ、設置するのは不可能だ。

少女像は即刻撤去すべきだ。日本はそこを強く要請しつづけてほしい。戦略的互恵関係なのは理解できる。しかし、日韓関係は慎重に構築していく必要がある。韓国の無理難題を鵜呑みにしてはならない。日本は外交交渉が苦手だ。正直、諸外国からは舐められているだろう。少女像を撤去するという約束を反古にするのは、立派な違反だ。もし仮に、少女像を撤去しないなら、日本が支払った資金を返還してもらうべきである。

わかりやすい嘘にして

行事

一昨日はエイプリルフールだった。嘘をついた人もつかなかった人もいるだろう。ただ、わかりにくい嘘はやめてほしい。

一年に一回だから、エイプリルフールを満喫するのはいいと思う。新年度を迎え、不安や緊張があるなか、エイプリルフールによって少しは緩和される。しかし、わかりにくい嘘をつく人もいる。本気で動揺してしまう。そのあと嘘だったと言われても笑えない。エイプリルフールとは、笑える嘘だからいいのだ。嘘か真かわからない話をされると困惑する。それがエイプリルフールの醍醐味かもしれないが、嘘をつく人も考察してほしい。

ちなみに、僕は今年もエイプリルフールで嘘をつかなかった。基本的に嘘は嫌いだ。毎年、嘘を封印している。素直でありたいという信念があるからだ。わかりやすい嘘は許容できる。僕もそこまで堅物ではない。ただ、わかりにくい嘘は迷惑だ。笑ったほうがいいのか、神妙な表情を浮かべたほうがいいのか迷う。一瞬でも相手が傷つくような卑劣な嘘は、エイプリルフールでもつくべきではない。親しき仲にも礼儀ありだ。

エイプリルフールという日に、本当に素晴らしい功績を残しても、本当のことだと理解してもらうのに苦慮するだろう。皆に知ってもらいたいことは、エイプリルフール以外にしたほうが賢明だ。わかりにくい嘘をつく人もいるから、信じてもらえない可能性もある。だからこそ、嘘をついてもいいが、わかりやすい嘘にしてほしい。語弊を招くような嘘は適切ではない。せっかく一年に一回嘘がつける日だ。屈託のない笑顔でありたい。

なくならない待機児童

社会問題

待機児童問題はここ数年、深刻さを増している。最近では、悪質な運営をしている認定こども園が問題になった。

今回の認定こども園の問題の根幹にあるのは、待機児童問題だ。待機児童問題を逆手に取られたのだ。たいへん不快だが、待機児童問題が深刻なのは事実である。確かに、保育園に行くかどうかは自由。親の選択次第だ。義務教育じゃないから、無理して行かせる必要はない。ただ、共働きの家庭やシングルマザー、シングルファザーなどにとっては、保育園などに子どもを預けなければならない。預けられなかったら、生活が困窮してしまうおそれもある。

僕の親はシングルマザーだった。だからずっと預けられていた。僕の場合は、定員に該当したからよかったが、当時は待機児童という言葉を耳にしていない。子どもだったというのもある。ただ、まだ問題が噴出していなかったのかもしれない。待機児童という問題を蔓延させたのは、ネット社会ならではだろう。去年話題になった書き込みもある。一番憤慨しているのは、政治家がこの問題を政治利用していることだ。本当に待機児童を解消する気は、政治家にはないだろう。

とはいえ、待機児童問題を解消できるのは政治家しかいない。選挙のための票集めではなく、待機児童を余儀なくされている子どもたちのために、待機児童問題を解消してほしい。もちろん、理屈ではなかなか解決しないだろう。予算の問題もある。だが、よくよく考察してほしい。将来ある子どもたちに予算を投じることは素晴らしいことだと思う。これから日本は高齢化社会を迎える。高齢者を支える将来ある子どもたちに、子どものうちから苦労させてはならない。

 

渡辺謙不倫報道

芸能

俳優の渡辺謙さんが不倫していると、不倫報道のスペシャリスト文春さんが報じた。衝撃だった。渡辺謙さんは紳士のイメージがあったからだ。

真意はまだわからない。本人はまだ肯定も否定もしていない。あくまで憶測である。ただ、写真も証拠としてある。どのように、渡辺謙さんは公の場に立って話すのか注視している。世界の渡辺謙さんだ。報道もあまり過熱していない。他の芸能人と比較すると一目瞭然だ。普通ならバッシングの嵐だ。日頃の鬱憤のはけ口になっていたはず。しかし、今回は大物すぎた。批判しづらいのが本音だろう。とはいえ、他人がプライベートまで干渉すべきではない気もするが。

日本人は不倫に対して厳しい。一回でも不倫したら、芸能人の場合、芸能界から追放させる勢いで罵詈雑言を浴びせるだろう。一般の方でも不倫したら噂され、それに尾ひれがつき、もっと酷い噂に変換される。海外でも不倫は存在するが、日本と違うのは、ハリウッドスターやセレブが不倫することに寛容的なところだ。もちろん、批判は免れない。だが、日本のように謹慎みたいなことにはならない。懲りずに繰り返す人に対しては、堪忍袋の緒が切れるだろう。

不倫は許されない。家族を裏切る行為だからだ。ただ、芸能人の場合は、エンターテイメント化してしまっている。今回の渡辺謙さんの不倫報道もその傾向がある。芸能人は、特殊な仕事をしているから、一般の方と一概に比較はできない。それに、芸能人はモテるだろう。恋は盲目という格言があるように、いくらパートナーがいても、心を抑制できないのだろう。もし抑制できるなら、不倫という概念は存在しなくなる。不倫という行為が蔓延しているのが現状だ。渡辺謙さんは、芸能人という立場上、しっかり説明する必要があるだろう。