読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

真面目な場面で笑ってしまう

僕は、真面目な場面で笑ってしまう。張り詰めた空気と周りの人の神妙な面持ちに、何故か笑ってしまう。 もちろん、ガハガハ笑うわけではない。そこまで情緒不安定ではない。僕の中では堪えてるつもりだが、何ニヤニヤしてるんだと指摘され、一喝される。表向…

今年のホワイトデーは

今日はホワイトデー。バレンタインデーでチョコなどを貰った人たちは、そのお返しをする日だ。 チョコを貰えなかった人たちにとっては、平凡な日だ。チョコをたくさん貰える男は羨ましいが、お返しをするのは大変だろう。そういう男は、お返しをしなくても、…

寝ない日

一日寝ないだけでも苦痛である。睡魔が波のように押し寄せてきた。一日中寝ない人は凄い。 僕も寝ない日はある。一日中起きているのだ。夜中の2時から3時半くらいが睡魔のピーク。そのあとは目が冴える。冴えるといったところで、眠いことに相違ない。ベッド…

バレンタインデーという悪夢

昨日はバレンタインデーだった。楽しめた人もそうじゃない人もいるだろう。僕は苦汁を味わった。 モテる男にとっては、バレンタインデーは至福の時だろう。モテない男にとっては、バレンタインデーは地獄の時だ。今はそれほど悔しいという感情は減ったが、思…

孤高を貫く

僕は孤高である。カッコいいと思うかもしれないが、寂しい。孤高であるためには、雑念を捨てるのだ。 群れに属すのが嫌いだ。一匹狼でありたい。プライドが高くて、理想も崇高である。せっかくの人生、自分らしく生きようではないか。孤高であれば、偉大な功…

別に優しくない

周りの人に、よく優しいね、と言われるが、あまり自覚がない。自分のポリシーを貫いているだけだ。優しくしようという発想はあまりない。 感謝されると何だか申し訳ない。僕は自分の優しさを誇示したくない。本当の自分は、腹黒いし、嫉妬深いからだ。悪い奴…

単純な男

僕は単純な男である。額面通りに受け取ってしまう。書物やテレビの内容をすぐ信じてしまうのだ。 こうしたら健康に良いという話を聞いたら、即実践。案外、健康になった。嘘っぱちだと思うかもしれない。あくまで僕は効果があった。個人差はある。心理学とか…

衝動買い

欲しいと思ったら、すぐ衝動買いしてしまう。後で後悔してしまう物も購入してしまった。駄目だと思っても、買ってしまうのだ。辛い性だ。 もちろん、お財布事情はあるが、借金まですることはない。そこは自分でブレーキをかけている。たまにアクセスとブレー…

ツルツル路面

今年も寒さだけではない。僕の天敵、ツルツル路面。今年も脅威である。歩くだけでいらぬ神経を使ってしまう。へとへとだ。 もう四回くらい転んだ。恥ずかしいという感情と痛いという感情がシンクロする。黙ってそっと立ち上がった。ボケようかなと思ったが、…

冬は苦手

個人的に、冬は苦手である。寒いし、ストーブ代もかかる。朝は容易に想像できるだろう。 まぁ、季節だからしょうがないと言ってしまえば見も蓋もない。かといって打開策はない。ひたすら寒さに耐えるだけである。ぶるぶる震えながら。実際、犬みたいにぶるぶ…

パリピになれない僕

パリピな人に、僕は憧れている。騒がしいが楽しそうではある。僕はぼっちである。さみしー。 行き過ぎたパリピはどうかと思うが、内向的な僕から見たら羨ましい。しょうもないことであんなにはしゃいでいるからだ。人生を謳歌している。ああいう人たちを見た…

黒を愛好する同士たちよ

黒。 それは、何色にも染まらぬ色。僕が愛好している色である。だから何?と指摘されると、返答に困る。とにかく好きなのだ。 ブログを読んでくださっている方にも、黒が好きな人はいるだろう。理由はひとそれぞれだろう。僕の場合、コーデが面倒なのと、あ…

電話が苦手

僕は、電話をかけるのが苦手である。顔が見えないから冗談のクオリティーが高い。今の冗談で言ったのかな?それとも真面目な発言だったのかな?と苦慮する。冗談だと思って笑うと怒られるし、スルーすると怒られる。電話を切りたくなってしまうのだ。 同じよ…

カップラーメンの誘惑

カップラーメンはいつも僕を誘惑する。 いまやカップラーメンは当たり前のように店頭に並んでいる。種類も豊富で優柔不断な僕にとってはまさに地獄だ。無論、嬉しい。安い、旨い、手軽なカップラーメンはありがたい。 カップラーメンのことを想像するとよだ…