読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

発言には責任を

安倍政権の閣僚による失言が相次いでいる。大臣としての自覚が欠如していると言わざるを得ないだろう。猛省を促したい。 最近だと、地方創生大臣が失言して陳謝した。学芸員を侮辱するような発言をしたからだ。さらに、ガンに例えたことも不謹慎である。病気…

極右政党の台頭

世界的に極右政党が台頭してきた。特にヨーロッパでは顕著に表れている。日本では、それほど浸透していない。 極右政党の台頭は、国際情勢の不安定化によるものだろう。自国の利益を第1にという思想の持ち主が増えてきている。偏った思想は、差別や偏見につ…

真相にたどり着けるか疑問

森友学園の疑惑の真相にたどり着けるか疑問である。誰が嘘八百を並べているのかわからない。疑惑の関与が疑われてる人たち全員怪しい。 色んな登場人物が現れ、疑惑も沢山あり、ややこしいのが本音だ。今回の疑惑のほとんどが法的に合法でも、社会通念上許さ…

記憶にないと言う政治家のズル賢さ

不祥事で追及されたときに政治家がよく使う言葉。【記憶にない】。伝家の宝刀である。というよりも、常套句といったところだろう。 記憶にないと言うことで、相手側もそれ以上追及しづらい。仮に真実が明るみになっても、記憶にないと言ったが、真実ではない…

稲田防衛大臣は辞任すべきではない

稲田防衛大臣が窮地に立たされている。森友学園の問題で誤った答弁をしてしまったからだ。その後訂正し謝罪した。 野党は稲田防衛大臣に、大臣の資格がないと猛反発している。さらに辞任を要求した。確かに、嘘の答弁は許されない。国会という場を軽視してい…

野党の脆弱さ

今の日本の政治は安定している。総理大臣がころころ変わるのは外交上よくない。諸外国になめられたら、日本の恥である。そういった意味で、今の日本の政治は安定している。 一方、野党に目を向けると、正常に機能していない。本来、与党を監視するのが野党の…

世界平和

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 新年一発目のブログは、世界平和についてだ。 今年も色んな出来事がある。一番注視しているのが、トランプ次期大統領の誕生だ。彼は選挙中さまざまな暴言を吐いてきた。理解できることもあれ…

ヘイトスピーチについて

初投稿です。 今回は「ヘイトスピーチについて」僕なりの意見を記載させていただきます。 ヘイトスピーチは特定の団体や民族などに、差別的な発言をし、偏見を煽る行為です。詳細はウィキなどでググるといいでしょう。 差別や偏見は許されないことです。ここ…