読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

整形してもいいと思う

整形に対しての風当たりは強い。よしとしない風潮があるが、個人の自由である。そこまで干渉する必要があるのだろうか。 僕は整形には興味がない。ただ、他人が整形しても、不快には思わない。一重を二重にするなどのプチ整形は、だいぶ日本の世論も寛容にな…

歩きスマホの危険性

スマホが普及した日本。便利な世の中になった。だが、色々な問題も噴出した。そのひとつが歩きスマホだ。 街中を歩いていると、ほとんどの人がスマホに釘付けだ。忙しなくスマホを操作する姿は、異様な光景である。スマホの中にはたくさんの知恵が詰まってる…

正義の定義

正義とは何か。誰もが納得することが正義なのだろうか。人類史上、最もむずかしい難題のひとつと言っても過言じゃない。 皆が、自分の振りかざす信条こそが正義だと思っている。確かに、正義の概念はその人その人の価値観によるだろう。平和こそが正義だとい…

環境によって性格は変わる

人間は環境によって性格は変わる。生まれつきではないのだ。有名な「スタンフォード監獄実験」によって証明された。 「スタンフォード監獄実験」とは、スタンフォード大学のフィリップ・ジンバルドーによる心理実験である。詳細はググるとありがたい。この心…

変われなくても

人間そうそう変われない。容易に変われたら、誰だって苦労しないし努力もしないだろう。 変われないと諦めてしまうのは早計である。人間そうそう変われないと諦め、努力を怠ると本当に変われない。確かに、努力したところで変われるという保証は皆無だ。だか…

八方美人

八方美人と言われる人がいる。周囲からは煙たがれてしまうことが多い。嫌われたくないという故に、八方美人に。 僕も八方美人である。人間関係は慎重になってしまう。八方美人だと、顰蹙を買うことも多い。そのリスクを背負い八方美人を演じるのだ。どうして…

日本語

日本語はむずかしい。ひとつの事柄を伝えるのに、様々な語彙がある。 僕はnationalistだから、生粋の日本人である。それでも日本語には苦慮する。決してお馬鹿ではない。この場面にはこの語彙を使用しよう、この場面ではこの語彙を使用しようと試行錯誤して…

ネットの怖さ

ネットに匿名で投稿したのに、パソコンに詳しい人に個人情報を特定されてしまう。そんな時代になってしまった。 ネットは楽しい。娯楽のひとつである。色んな意見を投稿したり配信したり出来る。しかし、自分の意見に難癖をつける輩もいる。そういった人たち…

ギャンブル依存症の定義に疑問

ギャンブル依存症という病気がある。僕は敢えてその問題を提議したい。はたして、依存症という病気なのか。 何でもかんでも依存症という名をつけて正当化するのは看過できない。ギャンブルだって、自らの意志で行っているのだ。勝ったときの興奮が忘れられず…

お金では買えないもの

世の中にはお金では買えないものがたくさんある。お金がたくさんあっても、心は虚無な人もいるからだ。 確かに、お金は大切だ。お金がないと真っ当な生活が送れない。だから、お金の必要性は担保する。僕は、世の中お金がすべてではないというつもりは毛頭な…

子どもは宝

どんな高価な物でも劣る。それが子ども。子どもは宝。世界中の宝なのだ。海賊のように宝を探すより、身近にある宝。 子どもを鬱陶しいと思う人もいるだろう。苦手なのはしょうがない。保育園や学校の子どもの声がうるさいとクレームする人がいるこのご時世で…

偽善者だと思われても

偽善者。たとえ善意で行った行為も、偽善者だと思われてしまう。無償の愛など存在しないのだから。 だからといって、僕は善意をやめない。偽善者だと思われ、鼻で笑われても。見て見ぬふりをするくらいだったら、たとえお節介でも善意を行う。困っている人が…

イスラム教徒への差別を許さない

世界中でテロが起きている。悲しい現実だ。無辜之民の命が失われている。テロを起こすほとんどが、イスラム過激派の連中だ。 テロは決して看過できない。根絶を強く願っている。ただ、それによってイスラム教徒を差別する行為は幼稚である。確かに、イスラム…

死刑の是非

日本には、死刑という刑罰がある。もっとも重たい罰である。よほどの重大事件を起こさない限り適応されない。 死刑を採用している国は、徐々に減りつつある。国際的には終身刑が主流にあるようだ。その残虐性は、時代錯誤しているという。確かによくよく考え…

性教育の必要性

正しい性教育が必要である。保健体育の一部ではなく、科目として取り入れるべきだ。あくまで僕の意見だ。批判はあるかもしれない。ただ、考察してほしい。 性教育と聞くと、大抵の人は反対するだろう。特にお子さんをお持ちの親御さんからは猛反発だろう。批…

たった一度の人生

たった一度の人生。波乱万丈に生きたい。皆と同じレールを走らず、ゴーイングマイウェイを貫く。たとえ馬鹿にされたとしても。僕は一度きりの人生を謳歌する。 ところで、センター試験が始まった。僕には関係ないが、受験生は頑張ってほしい。一体、今の受験…

人間不信

僕は人間不信である。過去のトラウマがあるからだ。詳細は記載できないが、いじめられたり、裏切られた。それが今でもネックになっている。 人を信じることは容易ではない。裏切られて傷つきたくないのだ。石橋を叩いて歩くタイプである。そうなると、必然的…

承認欲求について

誰しも承認欲求はあるだろう。承認欲求とは、簡潔に言えば、他人から認められたいとする感情の総称である。ウィキ参照。 いき過ぎた承認欲求が犯罪や派手な行動につながる。特にネットの社会では日常茶飯事になった。無論、犯罪はいけない。承認欲求を満たす…

言いたいことは言いたい

世の中、言いたいことも言えない。もちろん、健全な言論だが。言ったら嫌われるから誰も言えない。 人間なら、嫌いなことやものはあるはず。全部好きっていう人もいるが、稀である。もしかすると心のなかでは怒り心頭かもしれない。ほとんどの人は嫌いなこと…

バイセクシャルについて

今回は、バイセクシャルについて考察したい。ちなみに、僕はバイセクシャルではない。 バイセクシャルとは、男女ともに恋愛対象な方を指す。僕も最近知った。でんぱ組.incの最上もがちゃんがバイセクシャルと公言していたからだ。それを知ったからといって、…

挨拶の多さ

日本は挨拶が多い!礼儀を重んじる考え方は否定しないが、実行するほうの精神的な負担を考慮してほしいものだ。当たり前、と切り捨てることは容易である。だが、考察してほしい。 おはよう、ありがとう、さようなら。 これらは必要だ。日常生活でこれらがな…

黒を愛好する同士たちよ

黒。 それは、何色にも染まらぬ色。僕が愛好している色である。だから何?と指摘されると、返答に困る。とにかく好きなのだ。 ブログを読んでくださっている方にも、黒が好きな人はいるだろう。理由はひとそれぞれだろう。僕の場合、コーデが面倒なのと、あ…

発達障害者への理解と配慮を

発達障害、一度は耳にしたことがある人もそうじゃない人も、是非、考察していただきたい。 発達障害とひとえに言っても、特性は様々である。得意なことや苦手なことが顕著にあらわれるのが特徴のひとつだ。ただ、周囲からは理解されにくい。ちょっと変わった…