読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

昨今のTV放送の萎縮さ

インターネットTVが主流になりつつある。その一因が、TV放送の萎縮さだと思う。インターネットTVだとオッケーなのに地上波だと駄目だという番組もある。 TV放送が萎縮した要因のひとつに、政府からの圧力が上げられるだろう。日本には報道の自由があるにもか…

歩きスマホの危険性

スマホが普及した日本。便利な世の中になった。だが、色々な問題も噴出した。そのひとつが歩きスマホだ。 街中を歩いていると、ほとんどの人がスマホに釘付けだ。忙しなくスマホを操作する姿は、異様な光景である。スマホの中にはたくさんの知恵が詰まってる…

優しい人なのに

優しい人なのに、酷い仕打ちを受けている人たちがいる。理不尽な社会である。姑息な人たちが日の目を見るのだ。 僕の知り合いでも、温厚で面倒見がいい優しい方がいびられている。怒り心頭である。普通なら愚痴の一言を相手に発したくなるが、その方は冷静に…

少年非行について

少年非行は年々減少傾向にある。しかし、まだ撲滅したわけではない。痛ましい事件も起きている。 一言に少年非行と言っても、様々なケースがあり一概には言えない。万引きや夜間徘徊なども非行である。重たいものでは、殺人や強盗なども非行としてはある。少…

草食系男子

今、急増しているのが、草食系男子である。ある調査によれば、若者の約40%がこれまで恋愛をしたことないと回答している。喫緊の課題だ。 恋愛をしたくても、自分に自信が持てず諦めてしまう。そういった若者が増えているのだ。どうアプローチしたら女性のハ…

デマに惑わされない

ネット上では、デマがたくさんある。疑心暗鬼にならざるを得ない。真実もあれば嘘もあるからだ。 日本には言論の自由がある。表現の自由もある。だから、デマを一概に罰することはできない。それをいいことに、デマはどんどんエスカレートしていく。尾ひれを…

ギャンブル依存症の定義に疑問

ギャンブル依存症という病気がある。僕は敢えてその問題を提議したい。はたして、依存症という病気なのか。 何でもかんでも依存症という名をつけて正当化するのは看過できない。ギャンブルだって、自らの意志で行っているのだ。勝ったときの興奮が忘れられず…

除夜の鐘の意味

近年、除夜の鐘がうるさいとクレームする人がいるそうだ。昔では考えられない。除夜の鐘がうるさいなんて言ったら、怪訝な目で見られるだろう。 日本人は宗教への関心が薄い。X'masをして除夜の鐘をして初詣に行く。キリスト教、仏教、神道、全部別々の宗教…

移民排斥には反対

個人的な見解だが、僕は移民排斥には反対である。さまざまな理由で祖国を追われた人々を、排除するのは賢明ではない。 戦争や紛争で、祖国を追われた人々。彼らには何の非もない。むしろ被害者である。確かに、一部の移民がテロを起こすこともある。それは懸…

また起きたストーカー事件

また痛ましい事件が起きてしまった。ストーカーしていた元夫が、元妻を殺害した疑いがある。元妻は、警察にも相談していたが、未然に防ぐことは出来なかった。 ストーカーによる凶悪犯罪は枚挙に暇がない。そのなかには、未然に防ぐことができる事件もあった…

イスラム教徒への差別を許さない

世界中でテロが起きている。悲しい現実だ。無辜之民の命が失われている。テロを起こすほとんどが、イスラム過激派の連中だ。 テロは決して看過できない。根絶を強く願っている。ただ、それによってイスラム教徒を差別する行為は幼稚である。確かに、イスラム…

冤罪を生まないために

冤罪。それは、ひとりの人生を破滅させてしまう。決して冤罪を生んではならない。どんな大義名分があろうとも。 逮捕され、起訴されれば、ほぼ有罪が確定である。それが今の日本の司法だ。日本の警察は優秀だから、横暴な逮捕はしない。検察も同様だ。とはい…

表現の自由とテロの廃絶

日本には、公共の福祉に反しない限り、表現の自由が憲法で認められている。それを行使すべきだ。権力に屈してはならない。あくまで、納得できないことがある場合だが。 法に触れる行為はいけないが、我慢するということは、同意したことになる。欅坂46のサイ…

ネット社会に翻弄される現実社会

いまやネットはなくてはならないツールになった。便利な反面、ネットの反応に敏感になってしまった。結果、ネット社会に翻弄されることになった。 ネットは便利で楽しい。世界中の人とつながることができる。色々な情報も入手できる。さらに、友達や知人とも…

バイセクシャルについて

今回は、バイセクシャルについて考察したい。ちなみに、僕はバイセクシャルではない。 バイセクシャルとは、男女ともに恋愛対象な方を指す。僕も最近知った。でんぱ組.incの最上もがちゃんがバイセクシャルと公言していたからだ。それを知ったからといって、…

犯罪者にも更正のチャンスを

犯罪は決して許されない行為である。どんな大義名分があろうとも、犯罪は決して許されない。犯罪者は罰を受けて当然だ。 どんな犯罪にもかならず被害者がいて、一生涯苦しめられる。謝罪して許されることではない。犯罪者は一生涯罪を背負って生きるのだ。仮…

世界平和

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 新年一発目のブログは、世界平和についてだ。 今年も色んな出来事がある。一番注視しているのが、トランプ次期大統領の誕生だ。彼は選挙中さまざまな暴言を吐いてきた。理解できることもあれ…

ゲス不倫

今年も今日で終わりである。 一年は早い。今年も激動の一年だった。世の中も、僕自身も。 今年の世の中で一番印象に残っているのは、ゲス不倫。僕が選ぶ流行語大賞かな。無論、僕自身は、ゲス不倫などしていない。不倫や浮気は今に始まったことではないが、…

いじめはなくならない

いじめ それは、強者が弱者を攻撃する卑劣な行為である。看過できない!多くの方はそう思うだろう。教育評論家も偉そうに、いじめ廃絶を叫んでいる。 僕も同感である。実際、僕自身いじめの被害者だった。ただ、とどのつまり机上空論だと僕は思う。残念なが…