読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

狩野英考女子高生淫行疑惑について

時事

週刊紙FRIDAYに、狩野英考のスキャンダルがスクープされた。内容はご存知の通り、17歳の女子高生との淫行疑惑だ。あくまで疑惑だから、慎重に考察したい。

今回の騒動は、多くの方が論じているから、僕はあえて違う視点で考察したい。そもそも、高校生と交際することはいけないことだろうか。法律上では、青少年保護育成条例がある。わいせつ行為や淫行行為は禁止されているが、交際は禁止されていない。ただ、これもおかしなことである。高校生同士の淫行はオッケーなのか。大学生や中学生と高校生が淫行することはオッケーなのか。明確なボーダーラインがないのだ。暗黙の了解として、認められるケースもある。

恋に年齢は関係ない。少なくとも僕はそう思う。お互いに本気に好きなら、相手が高校生だとしても、交際を認めてあげるべきではないだろうか。もちろん、わいせつ行為や淫行は法律上で禁止されているから、それは守るべきである。犯罪を容認することはできない。この法律は、青少年を守るためにある。守るために、好きという感情を抑圧していいものか。むずかしい問題である。

法律と感情。どちらの意見も同情する。さすがに小学生や中学生と交際すると言ったら、断固反対だ。だが、高校生となると微妙だ。法律とか倫理的にとか抜きに考えてほしい。まだ高校生は未熟である。子ども以上大人未満。それが高校生だ。なかには大人っぽい高校生もいる。二十歳だと言われたらわからない子もいる。高校生とはいえ人間だ。誰かを好きになるものだ。お金目的でなければ、交際くらいは認めてあげられないだろうか。淫行は別である。

むずかしい問題だからこそ、いまいちど考察するべきだと思う。