読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

性教育の必要性

教養

正しい性教育が必要である。保健体育の一部ではなく、科目として取り入れるべきだ。あくまで僕の意見だ。批判はあるかもしれない。ただ、考察してほしい。

性教育と聞くと、大抵の人は反対するだろう。特にお子さんをお持ちの親御さんからは猛反発だろう。批判は受ける。ただ、よくよく考えてほしい。性教育が本当に子どもたちに悪影響なのか。むしろ、良い影響を与えると思う。今やネットで、未成年者でも性の知識を得ることができる。だが、間違った情報もある。子どもは成人より判断力が低い。その間違った情報を信じてしまうおそれがある。僕はそれを危惧しているのだ。

正しい性教育を受ければ、性犯罪も減る可能性がある。子どもというのは吸収力が早いから、子どものうちに正しい性教育を受けると、間違った情報に惑わされることなく生きていけるはずだ。もちろん、性犯罪はさまざまな要因で起きる。一概に正しい性教育を受ければ性犯罪に走らないとはいえない。だが、そのリスクは軽減されるだろう。間違った知識を払拭する必要がある。その一貫として、正しい性教育が必要である。

あくまで僕の提言である。問題点もあるからだ。たとえば、教師の教え方だったり、正しい性教育を受けさせることでの子どもたちのメンタル面のケアなど。まずは問題点を解消すること。そのあと、正しい性教育を受けさせることを訴えたい。子どもたちだけではなく、我々大人たちにもメリットはある。正しい性教育を受けた子どもたちが、性犯罪に走らない可能性が高まり、被害者が減る可能性があるからだ。

性教育の必要性。これからも僕は、その必要性を訴えていく。