読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

別に優しくない

ユーモア

周りの人に、よく優しいね、と言われるが、あまり自覚がない。自分のポリシーを貫いているだけだ。優しくしようという発想はあまりない。

感謝されると何だか申し訳ない。僕は自分の優しさを誇示したくない。本当の自分は、腹黒いし、嫉妬深いからだ。悪い奴というレッテルを貼られるよりは、良い奴というレッテルのほうがいい。とはいえ、嘘は嫌いである。相手も、お世話で優しいと言っている可能性は0ではないはず。僕は前にもブログで書いたが、筋金入りの人間不信である。自慢にもなんにもならないが。

僕の言動が端からみれば優しさにつながるのだろう。それによっていいこともあった。僕が何か失敗した時、罵詈雑言を浴びさせられることはなかった。むしろ、手を差し伸べてくれた。ただ、ひねくれている僕はご託を並べる。このゆうまるブログもご託のようなものだろう。それなのに、読んでくれて感謝してる。まぁ、優しくはないが、感謝は忘れない。感謝感激である。

悲しみや苦しみをたくさん経験している。だから優しくなってしまうのだろうか。優しくなって損はない。ただ、僕の場合、他人に気を遣うことが山ほどある。気を遣うことで疲弊してしまう。単純なくせに、気を遣う。僕は変人である。自虐的過ぎるかもしれないが、変人と言っても過言じゃない。少なくとも、優しいと思われているならオッケーとしよう。これで最低な男と思われていたら、愕然とする。僕はこれからも自分のポリシーを貫く。