読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

デマに惑わされない

社会問題 時事

ネット上では、デマがたくさんある。疑心暗鬼にならざるを得ない。真実もあれば嘘もあるからだ。

日本には言論の自由がある。表現の自由もある。だから、デマを一概に罰することはできない。それをいいことに、デマはどんどんエスカレートしていく。尾ひれをつけて、皆便乗するのだ。但し、行き過ぎたデマは罰せられることもある。熊本地震のとき、動物園からライオンが逃げたというデマを流した人が検挙された。当然である。人々が苦しんでいるときに、いらぬ恐怖を与えたのだから。

今やネットの情報が現実の社会を動かしていると言っても過言じゃない。それほどネットというツールは発達した。いいことに利用すればいいが、それこそ悪ふざけでデマを拡散する輩もいる。閲覧数を伸ばしたいという気持ちは理解できる。ただ、他人に迷惑かけてまで閲覧数を伸ばしたって虚しいだけだ。一時は快感を得られるが、そのあとには何も残らない。自分のSNSを炎上させるために、デマを流す行為は言語道断だ。

僕たちも、デマを見抜く必要がある。無論、混乱しているときは、正常の判断がむずかしい。デマに慌てふためいたら、デマを流した人の思うツボである。混乱しているときこそ冷静沈着になるのだ。そして、デマには決して便乗しない。拡散もしない。デマが拡散することで、傷つく人たちがいるのだから。面白半分でデマに便乗したばっかりに、誰かを自殺に追い込んでしまうかもしれない。一生十字架を背負うことになるだろう。自分はただ便乗しただけと言えるだろうか。デマに惑わされず、真実のみを追求しよう。