読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

バレンタインデーという悪夢

ユーモア 恋愛

昨日はバレンタインデーだった。楽しめた人もそうじゃない人もいるだろう。僕は苦汁を味わった。

モテる男にとっては、バレンタインデーは至福の時だろう。モテない男にとっては、バレンタインデーは地獄の時だ。今はそれほど悔しいという感情は減ったが、思春期の時は学校に行くのも億劫だった。バレンタインデー前日ともなれば、男子はそわそわし始める。明らかに貰えないと認知していても、そわそわしてしまう。青春というのだろうか。一個しか貰えなかったと嘆く男子もいたが、貰えるだけありがたいと思え。

最近は友チョコや逆チョコなどもある。バレンタインデーは女性から男性へという概念が変わりつつある。チョコではなく、クッキーなどをあげる人たちもいるようだ。そもそもチョコをバレンタインデーにあげるというのは、日本独特の文化である。ある御菓子メーカーが仕掛けたのが発祥だ。まんまとその戦略に乗ってしまった。娯楽が増えたという面では評価する。ただ、非モテ男たちを悪夢の日に陥れた。

やっぱり、女性からチョコを貰いたいという願望はある。時代錯誤かもしれないが、バレンタインデーの醍醐味だ。たとえモテなくても一縷の望みを信じてしまう。結果は毎年惨敗で、バレンタインデーは悪夢とかす。しかし、それも笑い話になるからありがたい。自虐ネタは話を弾ませてくれる。悪夢を笑い話に変えればいいのだ。無論、ウケるかどうかはその人の腕によるが。ちなみに、今年はというと冒頭で書いた通りである。