読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

医師の男ら三人の集団暴行事件

時事

自宅マンションで酒に酔った女性を集団暴行したとして医師の男ら三人が逮捕された。卑劣な犯行である。

医師だからこのように大きく報道される。しかし、このような事件は氷山の一角だ。性犯罪は泣き寝入りすることが多く、刑事告訴するケースは稀である。今回の被害者はまだ十代の少女。勇気を持って警察に話したのだろう。その時の心境を考えると、胸が痛む。医師なら、そのくらいの想像は出来るはずだ。想像力の欠如としか言えない。今回の集団暴行は決して看過できない。

性犯罪は一生のトラウマになる。ひとりの人生を狂わせてしまうのだ。それなのに、刑罰としては軽い。被害者が裁判などでセカンドレイプをおそれて裁判を自粛してしまうこともある。示談というケースもある。これでは性犯罪は減少しない。もちろん、罰を与えればいいというわけでもない。一生十字架を背負う必要がある。ただ、素直に改心する性犯罪者はあまりいない。実際、再犯率も高いのが現状だ。

今回の事件は、ある意味性犯罪の実態に一石を投じただろう。決して風化させてはならない。ネット上では被害者のことも投稿されているが、冗談半分でも、決して行ってはならない。被害者ををこれ以上苦しませないでほしい。色んな意見があっていいが、誹謗中傷は駄目だ。被害者がどれだけ恐怖と闘ったか。憶測でしか意見が言えないが、相当辛かったと思う。被害者が一日でも早く社会復帰できますように。