読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

日本語

教養

日本語はむずかしい。ひとつの事柄を伝えるのに、様々な語彙がある。

僕はnationalistだから、生粋の日本人である。それでも日本語には苦慮する。決してお馬鹿ではない。この場面にはこの語彙を使用しよう、この場面ではこの語彙を使用しようと試行錯誤してしまうのだ。とどのつまり、言葉に詰まり恥を掻く。無様である。カッコつけようと思案してしまうからだ。むずかしい語彙を駆使していたら知的に見られる。但し、ハイリスクハイリターンである。

文章となると余計苦慮する。自分だけで楽しむ文章なら未だしも不特定多数の人が閲覧できる文章には細心の注意が必要だ。誤字脱字はもちろん語彙の使い方。表現次第では、語弊を生む。だからと言って、幼稚な語彙を使用したら、小学生の作文だと非難される。そんなにむずかしい語彙を駆使する必要はない。小難しい文章だと、敬遠されることもあるからだ。文章は字のみだ。詳細を書きつつ、分かりやすく。

とはいえ、僕は日本語が好きだ。色んな表現が出来るからだ。美しく繊細な日本語もたくさんある。由来も面白い。日本語を網羅するのは大変だが、駆使できたときの快感は気持ちいい。何より相手とコミュニケーションが取れるという素晴しさ。若者たちは新たな言葉を生むエキスパート。省略するケースが多い。日本語の伝統を継承していくことも大切だ。その上で、若者たちの新語も受け入れていく。そうすることで、日本語がより濃厚なものになるだろう。