読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

核兵器増強発言は撤回すべき

国際

米国のトランプ大統領が、核兵器増強発言をした。唯一の被爆国である日本は同調してはならない。

核兵器は戦争の抑止になっているのは事実だ。実際、日本も核の傘に守られている。日本の安全保障上、核兵器は必要である。もちろん、理想は核兵器のない世界である。しかし、それは机上の空論だ。中国やロシアなど、核兵器を保持している国は米国だけではない。いくら米国が核兵器を放棄しても、他の国も放棄しなければ意味がない。トランプ大統領曰く、ロシアに対抗するために核兵器を増強したいそうだ。

これ以上核兵器が増強したら、戦争が勃発した際人類は絶滅してしまうだろう。核兵器の性能は格段に上がっている。ボタンひとつで世界の秩序が崩壊し、多くの一般市民の血が流れる。そんな恐ろしい兵器をたくさんの国が保持してるのだ。更に、製造を目論む国まで存在する。米国が核兵器を増強したら、間違いなくロシアなども増強するだろう。いたちごっこだ。せっかく、核兵器の削減の条約を締結したのだから、米国は履行すべきである。

偉大な米国を取り戻すという理念には賛成だ。米国が偉大であれば、世界の秩序は保たれる。だからと言って核兵器増強発言を看過することはできない。核兵器イコール強い米国ではないはずだ。確かに、条約はロシアに有利なのかもしれない。だが、核兵器を削減しようという一歩ではないか。どちらかが妥協案を示さなかったら、折り合いがつかないだろう。トランプ大統領とプーチン大統領には、核兵器ではなく対話で対抗してほしい。悪魔の兵器をこれ以上増強してはならない。世界平和のために。