読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

環境によって性格は変わる

教養

人間は環境によって性格は変わる。生まれつきではないのだ。有名な「スタンフォード監獄実験」によって証明された。

スタンフォード監獄実験」とは、スタンフォード大学のフィリップ・ジンバルドーによる心理実験である。詳細はググるとありがたい。この心理実験によって、環境によって性格は変わることが証明された。確かに、環境によって性格を臨機応変している。いつの間にか、それが性格になっていた。性格を変えたければ、躊躇せず環境を変えるべきだ。相当なズボラでなければ性格は変わると思う。人間って意外と単純である。

内向的な性格や外向的な性格は、環境を変えたところで適応できるかは不透明だ。それを変えるのは容易ではない。苦慮するかもしれない。ただ、アイドルは意外と人見知りが多い。知らないファンと交流することによって、性格を変えているのだろう。アイドルのインタビューを聞くと、大抵人見知りと答えている。いかにも天真爛漫で人見知りとは無縁そうなアイドルが、だ。このことからも、環境が人間に与える影響は凄い。

僕も環境によって性格が変わってしまう。その環境に馴染むためでもある。環境によっては内向的になってしまうし、外向的になってしまうこともある。だから、僕の場合第一印象が悪くて、その後挽回するのだ。相手も僕のことを理解してくれたら、性格がガラリと変化する。冷淡無情の人間でも、環境によってはガラリと変わるかもしれない。しかし、人間は変化を嫌う。現状維持したがる。まずは、環境の変化に対する免疫力をつける必要があるだろう。