読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

日韓関係は慎重に

国際

岸田外務大臣は、一時帰国させている長嶺駐韓大使と森本釜山総領事を帰任させた。これで少しは緊張状態は緩和させるだろう。

今回の政府の決定を歓迎したい。安全保障上、韓国とは戦略的互恵関係を維持しなければならない。北朝鮮の脅威もある。それから、韓国では大統領選挙が予定されている。反日の方がトップになるという噂も流れているのだ。日韓関係を今のうちに再構築しようという思惑だろう。とどのつまり、我慢比べは韓国に軍配が上がった。無論、いまはそんな悠長なことは言ってられない。

一方で、危惧する面もある。それは、少女像を撤去してくれるのかどうかだ。過去の例からいくと有耶無耶に終わってしまう。なんやかんや言い訳を駆使して、日本を翻弄させる。そもそも、韓国の政権が変わるごとに歴史認識を蒸し返されては、日本はたまったもんじゃない。今回の少女像はあくまで民間団体が設置したと韓国は主張しているが、韓国政府の支援がなければ、設置するのは不可能だ。

少女像は即刻撤去すべきだ。日本はそこを強く要請しつづけてほしい。戦略的互恵関係なのは理解できる。しかし、日韓関係は慎重に構築していく必要がある。韓国の無理難題を鵜呑みにしてはならない。日本は外交交渉が苦手だ。正直、諸外国からは舐められているだろう。少女像を撤去するという約束を反古にするのは、立派な違反だ。もし仮に、少女像を撤去しないなら、日本が支払った資金を返還してもらうべきである。