読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

宗教への冒涜を許さない

時事

日本の神社に油のような液体をまかれる事件が多発している。これは宗教への冒涜だ。1日でも早い、犯人検挙を望む。

今回の事件、一部報道では、模倣犯の可能性を指摘している。数年前にも同様の事件が発生したからだ。日本人なのかどうかも不明である。とはいえ、今回の犯人の軽率な行動は、宗教の自由を踏み躙る暴挙だ。即刻自首してほしい。たかが油のような液体をまいただけではないか、と犯人は思っているかもしれない。しかし、立派な犯罪である。宗教への冒涜も甚だしい。

僕は、それほど神社を崇拝はしていない。別の宗教を信じているからだ。ただ、神様の存在は信じている。それに、神社は崇高な建造物だ。先祖が残してくれた宝である。神社に行けば、心が清められるのも事実。無宗教の方々でも、神社は神聖な場所だと理解できるだろう。世界に誇れる神社を穢す行為は悲しい。どんなフラストレーションがあるのか知らないが、宗教への冒涜は許さない。

これから神社に行く人は不安だろう。行くのも躊躇してしまうかもしれない。だが、暴力に屈してはならない。暴力で他人を屈服させるのは不可能だ。暴力で支配できるのは悲しみだけである。犯人の本当の目的は、宗教への冒涜ではなく、世間を騒がせたい愉快犯かもしれない。もし宗教的な信念ならば、その宗教はカルトだ。神様が暴力を容認するわけがない。イタズラでは済まされない。