読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

ももクロコンサート騒音苦情について

芸能

ももクロのコンサートでまた騒音苦情が発生した。4月8.9日に、埼玉県富士見市内で行われたコンサートでのことだ。

騒音は約20キロ先まで聞こえたという。苦情も87件に上っているらしい。ただ、騒音と捉えるのは個人差がある。ももクロが好きな人にとっては嬉しいだろう。近隣住民にとっては騒音かもしれない。苦情するのは自由だが、87件というのは微妙だ。87件しか苦情がきてないとも言える。面倒臭くて苦情を入れてない可能性もある。だが、一部の人間だけが苦情を入れているのだろう。

僕もももクロは好きである。だからといってももクロを贔屓してるわけではない。最近の騒音苦情に対する警鐘である。例えば、比較するのはおこがましいかもしれないが、除夜の鐘もそうだ。最近になって、除夜の鐘がうるさいと苦情を言う方々が増えてきている。これも、ももクロのコンサートと一緒で捉え方の問題だ。嬉しい人は嬉しい。お互いの隔たりをどう解消していくかが重要だろう。

今回のコンサートの主催者が、騒音をあまり考慮していなかったのも事実だ。そこは反省すべきだろう。しかし、騒音に対して物凄く敏感になることも反省すべきだろう。また、ももクロへの批判はお門違いだ。彼女らに悪意はない。ネット上でも、ももクロへの批判が噴出している。迷惑なのは理解できるが、彼女らを吊し上げて楽しいのか。もうちょっと寛容な社会になってほしい。