読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうまるブログ

自由気ままに意見を掲載(^^)

警察は正義なのだろうか

教養

日本の警察は優秀である。治安がいいのも頷ける。だからといって、警察=正義とは言えないだろう。

一部の警察官だが、不祥事を起こしている。法を守るべき警察が、法を犯すなど言語道断だ。そんな一部の警察官のせいで、警察への信用は失墜している。僕も警察は信用していない。もちろん、感謝はしている。日本の治安維持のために尽力してくれていることを。もし警察が存在していなかったら、秩序は保たれない。ただ、正義を振り翳すのはおかしい。警察は、自意識過剰な面もある

職務質問や捜査には協力してくれと言う割には、こっちが協力してほしいと言っても渋る。そもそも、職務質問や捜査協力は任意である。にもかかわらず、任意という名の強制に近い。拒否しても、正義を盾に説得してくる。確かに、犯罪抑止や事件解決のためでもあるだろう。だったら、こっちの協力も真摯に受け止めてほしい。警察が協力しないばっかりに、被害者が生まれることもあるのだ。

悪い奴を検挙するのが警察の仕事だ。警察は自分たちの立場を過信し過ぎである。事件解決に邁進するあまり、大事なことを見失ってしまうこともあるだろう。それが冤罪や不祥事につながる。圧倒的多数の警察官は素晴らしい人徳の持ち主だ。それも忘れてはいけない。警察のお陰で安心して暮らせるのも事実だ。だが、一般市民の協力があるからこそでもある。警察だけが正義ではない。